EVENTS
OUR ACTIVITY

EVENTS 2018

ドチャベンジャーズが行うイベント情報
参加申込みはメールフォームからどうぞ。

五城目でディープに学ぶ1日ツアー -自発的なチャレンジが起こる状況を探る-
【募集中】2018年10月20日(土曜) 10:00-18:00開催

イベントイメージ

【以下に該当する方におすすめです】
・自分のやりたいことや価値観に従って暮らし働きたいと考えている。
・個性が発揮され、自発的な動きが連続する組織や地域をつくりたいと考えている。
・トップダウンではない(強いリーダーのいない)まちづくりの在り方を模索している。
・課題解決ドリブンではないビジネスや地域活動の在り方を模索している。
・五城目町でなぜメディアに注目されるようなアクションが起こるのか関心がある。

【関連しそうなキーワード】
Spontaneous(自発的)、teal、自律分散、マイプロ、複業、動的平衡、まちづくり……

【参加者の「学び」にフォーカスした現地プログラム】
人口1万人に満たない秋田県五城目町で、個人による小さなチャレンジが波紋のように広がっています。その現場に足を踏み入れ、生き生きと暮らし働く多様な人々と出会ってみませんか? 五城目の”状況”について、参加する一人ひとりの関心や課題意識と結びつけながら、じっくりと観察し考える時間を用意しました。

学びの舞台となるのは、少子高齢化の最先端を行く秋田県の中でも高齢化率第3位(47.1%, 2018年7月1日時点)を記録する五城目町。丸1日かけて、フィールドワークとインタビューで現場に転がる気づきを拾い集め、それらを参加者どうしで様々な角度から検証していきます。1日の終わりには、この日、この町に集った人たちだからこそ生み出せる学びに出会える、はず。

★フィールドワーク先(予定)★
〇個性的なお店が集まる「ごじょうめ朝市plus+」
→当日は「きのこまつり」開催中! 出店者の多様さを目撃しましょう。
〇「ただのあそび場」「いちカフェ」「hikobe」
→自然発生的なチャレンジの現場から、まちの雰囲気を味わってみましょう。
〇移住者、起業家がたむろする「BABAME BASE」
→五城目の「悪だくみ」の拠点に、足を踏み入れてみましょう。

★インタビュー対象(予定)★
松浦真氏・NPO法人cobon 代表理事/合同会社G-experience プログラムディレクター
2007年NPO法人cobon設立。小学生の子どもたちを中心としたまちづくり、教育プログラムを企業、大阪市天王寺区、大阪グランフロントなどと協働で子どもたちによる新しいまちづくりを企画運営。2016年4月より秋田県五城目町に移住し合同会社G-experienceを立ち上げ、「ハイブリッドスクーリング」事業に挑戦中。家族4人の暮らしぶりの様子が取材記事が「Yahoo!ニュース」に取り上げられ、見事大炎上する。
2018年7月「Rakuten Social Accelerator」協働団体に選出。

★五城目のムーブメントを紐解くプレゼンテーション&資料付★

参加申込みフォームはこちら
    プログラム内容(予定)
  • 《日時》2018年10月20日(土曜)10:00-18:00頃
  • 《集合・解散》JR八郎潟駅
  • 《定員》10名
    ※県外からご参加の方、全日程参加できる方を優先します
  • 《費用》無料 ※昼食代は自己負担
  • ※本ツアーは参加者どうしが学び合うプログラム構成となっており、お互いに自己紹介と参加の動機を共有した上で各行程を進めていきます。お申込み頂いた方には事前に参加の動機や本ツアーを通じて学びたいこと、持ち帰りたいことについてヒアリングいたします。
  • 主催/協賛/運営
  • 《主催》(一社)ドチャベンジャーズ

【現地ツアー】イナカでフツーに実践される新しい働き方と暮らし方に触れる旅
【募集中】2018年11月23日(金曜) -11月25日(土曜) 2泊3日・限定5名
※集合・解散の時間及び場所は確定次第改めてお知らせします。
※謝金として1人25,000円を支給(※原則として全日程に参加できる20歳以上の方が対象)

イベントイメージ

地方創生でも注目されない。
強烈なリーダーがいるわけでもない。
大きな資本も入っていない。
そんなフツーのイナカ、秋田県五城目(ごじょうめ)町に息づくフツー。

働き方改革も真っ青なマルチリモートワーカー。
車中泊で暮らしも仕事もすべて学びに変えるノマド一家。
夏だけ五城目の教育の良いとこどりする海外ファミリー。
やりたいことを貫き通したら事業化しちゃった地元住民。

フツーの田舎で素朴に実践されている暮し方や働き方の中には、あなたがあなたらしく生きるヒントがあるかもしれません。2泊3日の間に五城目町の6つの現場を巡り、自分らしいライフスタイルを自分なりにデザインしてみませんか?

《五城目のフツーを体感する6つの現場》
【現場1】地場産業
かつて林業が盛んで、近隣地域の商工業の拠点であり、朝市のある五城目町の地場産業を巡ります。

【現場2】土着ベンチャー
一見条件不利に見えるイナカで、あちこちからむくむくと芽生えた小さなチャレンジャーと対話します。

【現場3】マルチワーカー
組織や職種の枠を超えた多様な仕事を組み合わせ、いきいきと生きる複業の実践者の現場にお邪魔します。

【現場4】空き家
家族団らんの場として、住居兼工房として、シェアや複数居住の拠点として、空き家の可能性を探ります。

【現場5】教育機会
「世界一子どもが育つまち」を掲げ、多彩な学びが同時多発的に起こる五城目町の謎に迫ります。

【現場6】五城目朝市
500年の歴史を誇る朝市は、まさにローカルアントレプレナーシップの聖地。市の醸す空気を味わいます。


《五城目のフツーの3つのジョーシキ》
1.イナカで仕事を(意外に)選べます
農林業や鉄工などの地場産業の現場から、ITやデザインなど専門性の高い仕事まで。都会から五城目に移り住み、そのまま仕事を持ち込む事例もあり、思いがけずイナカらしからぬ働き方の多様性があります。

2.イナカで複業歓迎です
チャレンジャーたちの手の回らない分野にこそチャンスがあります。あなたの時間、あなたのスキルに合わせて、五城目ライフを自由にカスタマイズするとしたら、どんな暮らしが実現できるか、考えてみませんか?

3.イナカも都会も満喫します
定住する必要って、本当にありますか? イナカも都会も、どっちも楽しめばいいじゃない。夏の間だけ五城目に住むアメリカ人家族だって、いるんです。多拠点生活の可能性、五城目で探ってみませんか?

参加申込みフォームはこちら
    INFORMATION
  • 《日時》2018年11月23日(金曜)〜11月25日(日曜)
  • 《集合》JR奥羽本線 八郎潟駅
  • 《費用》交通費、宿泊費、食費等は参加者負担
    ※県外からの参加&全日程参加で1名25,000円お支払いいたします(※原則として全日程に参加できる20歳以上の方が対象)
  • 《定員》5名
  • 《対象》秋田県外にお住まいの方
  • スケジュール
  • 11/23(金):1日目 15:00 八郎潟駅集合
    ・BABAME BASE(廃校を活用したシェアオフィス)見学
    ・夕食交流会(郷土料理のだまこ鍋づくり)
    ・シェアビレッジ町村(茅葺古民家)宿泊
  • 11/24(土):2日目
    ・町内見学
    ・仕事に関するインタビュー
    ・暮らし/子育てに関するヒアリング
    ・ライフスタイルデザインワークショップ
    ・夕食交流会(日本酒の銘店・なべ駒)
  • 11/25(日):3日目
    ・五城目朝市見学(希望者は出店可)
    ・振り返りワークショップ
    ※集合以降、各行程の移動手段は受入側が手配します。
    ※申し込み状況や天候等によって変更となる可能性があります。
  • 主催/協賛/運営
  • 《主催》秋田県
  • 《運営》(一社)ドチャベンジャーズ
9463
五城目町人口(人)
3573
総世帯数
41
65歳以上高齢化率(%)
214
面積(㎢)
42
人口密度(㎢)
27
移住者(2014-2016)

Company Profile

一般社団法人 ドチャベンジャーズ
  〒018-1713 秋田県南秋田郡五城目町馬場目蓬内台117-1
 018-853-5155 /   018-853-5156
 https://www.facebook.com/dochavengers/